ハワイでサーフィンを始めよう
青い空、青い海が綺麗なハワイのもう一つの顔、サーフィンの聖地。
世界中からサーファーが集まるハワイの地で
あなたもサーフィンデビューをしてみませんか?
ご家族、友達同士、恋人同士、女性や子供でも安心してできる
サーフィンレッスンを受講してみよう。

お問い合わせはこちら

ルール&マナー

ハワイでサーフィンをする際に知っておくべきルールとマナー!

はじめに

ハワイでサーファーデビューする人というのは少なくありません。誰でも簡単にサーフィンを始めることのできる環境がどこにでもあるため、サーフィンに興味が無い人であっても気軽に始めることができるというのが大きな理由です。

ですがそういったサーフィン初心者が現地のマナーを知らずに多くの現地サーファーに迷惑をかけてしまう話はよくある話で、観光客サーファーのマナーの悪さは度々現地で話題となります。サーフィンを楽しむのであれば現地の人に迷惑をかけずに楽しみましょう。

ということでここではハワイにおけるサーフィンのマナーを紹介させていただきます。

初心者は必ずそれと分かる格好をする!

サーフィン初心者は格好を付けたがるものです。全く技量が無いのに最初からショートボードに挑戦したり、ライフジャケットを着用しなかったりと自分のサーフィンイメージから少しでも逸れるものを全て排除しようとする傾向があります。

ですがそれは現地のサーファーからしたら非常に迷惑なことです。せっかく上級者の望むような高い波が来たとしても近くを経験の浅い初心者がうろうろしていたのであっては危なくて波に乗ることもできません。

ハワイの海において初心者サーファーというのは存在そのものが凶器といっても過言では無いのです。初心者は自分が初心者であるということを自覚し、それと分かる格好をすることで注意喚起を呼びかけることを忘れないようにしましょう。

時間帯を選ぼう!

ワイキキビーチはホテルに近く利便性もよいので初心者サーファーにしばしばオススメされるスポットの一つです。ですがそれを真に受けた初心者サーファーが人の多い時間帯にワイキキビーチで練習して注意を受けているのをよく目にします。

確かにワイキキビーチは気軽にサーフィンをするのに絶好のポイントといえますが、時間帯はしっかりと選ぶ必要があります。人の少ない早朝が最もオススメで、人とぶつかる危険性が昼ほどありません。

いつ人を傷つけてもおかしくないサーフィンをする以上、コントロール出来ない内は人の少ない時間帯を選んで練習するようにしましょう。

大きな態度を取らない!

ハワイにお金を落とす観光客だからといって大きな態度をとっていいわけではありません。ハワイの海では度々観光客の態度が問題になります。初心者なのに上級者を差し置いてビーチを独占する。レンタルショップのおじさんに横暴な態度で接するなどです。

ハワイにおいて観光客は大切な存在ですが、地元のサーファーにとって観光客サーファー事体は招かれざる客であるということを自覚しましょう。

まとめ

ハワイの海ではとにかく自分が初心者であるということを自覚することをオススメします。多くの観光客と地元サーファーで構成されたビーチでサーフィンをするのであれば、その両方に配慮してサーフィンを練習する必要があります。

配慮をするのが疲れるのであれば、人の少ない時間帯を選択するなど、ちょっとした楽しむための工夫が必要です。全ての人が不満なく楽しむことができるよう周りの人への気配りを忘れないようにしましょうね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEでのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP